産後はストレスなどの影響で白髪や抜け毛が増えたと感じやすい時期です。

20代のママの中にも、白髪が増えたと感じていたり、抜け毛に悩んでいるママもいらっしゃるかもしれません。

 

そんな産後に増えた白髪や抜け毛は、生活習慣を整えていくことで治る可能性があります。

また、髪の悩みを抱えているママにおすすめできるシャンプーも売られています。

 

そこで今回は、そんな産後の白髪や抜け毛が増えて悩んでいる20代のママに向けて、原因や対策、おすすめシャンプーについて調べてみましたので紹介します。

20代なのに産後の白髪が増えたなんてショック!

産後は、ママの生活が大きく変わりますよね。

そんな産後は、赤ちゃんが生まれてとても幸せな時期でもありますが、慣れない赤ちゃんのお世話や睡眠不足によってストレスを感じやすい時期でもあります。

また、ホルモンバランスの変化や、忙しすぎてママの食事にも手が回らなくなることから、ママの身体が栄養不足にもなりやすいです。

こういったストレス、睡眠不足、栄養不足が原因で、産後は20代のママでも一過性の白髪になったり、白髪が増えたりしてしまうことがあります。

 

産後、白髪が増えたと感じている20代のママはショックを受けていることだと思います。

しかし、産後の白髪は治る可能性があるので、あまり落ち込みすぎないでください。

白髪は遺伝や加齢が原因でできるものと、ストレスなどその他の原因でできるものがあります。

残念ながら遺伝や加齢による白髪の場合は治ることが少ないですが、その他の原因で起こっている白髪は治る可能性があります。

産後の一過性の白髪の場合は、ストレス、睡眠不足、栄養不足等の原因が改善されることで、時間を掛けて治っていくこともあります。

 

産後は抜け毛もひどくなる!

また、産後は抜け毛もひどくなってしまいますよね。

産後のママの7割ほどが抜け毛に悩んでいると言われています。

産後の抜け毛の1番の原因はホルモンバランスの変化です。

 

妊娠中に急激に増えた女性ホルモンは、産後元に戻ります。

このように、産後急激に女性ホルモンが減ることが原因で、抜け毛になりやすいのです。

また、先ほどお話しした白髪の原因であるストレスや栄養不足、睡眠不足なども抜け毛の原因の1つです。

 

産後の抜け毛は半年から1年程でおさまると言われているので、基本的にはあまり心配いりません。

そのため、抜け毛に悩んでいる20代のママも、生活習慣を整えながら、あまり抜け毛を心配しすぎずに過ごすと良いでしょう。

 

産後ママにおすすめのシャンプー【haruシャンプー「kurokamiスカルプ」】

お伝えした通り、産後は髪のトラブルに悩んでいるママも多いですよね。

髪のトラブルを抱えているママにおすすめのシャンプーも売られていますので紹介します。

 

こちらは、産後のママにもおすすめな、100%天然由来のノンシリコンシャンプーです。

そんな、haruシャンプー「kurokamiスカルプ」の魅力について紹介します。

 

オールインワンシャンプーなので時短になります

オールインワンシャンプーなので、お風呂での髪のお手入れはこれ1本でOKです。

リンスやコンディショナーをする必要がないので忙しいママにもありがたいですね。

 

100%天然由来成分配合&無添加なので髪に優しいです

毎日使うシャンプーは安心できるものを使いたいですよね。

こちらは、成分にこだわっている無添加のノンシリコンシャンプーです。

髪のことを考えて作られたシャンプーなので、髪に優しく、安心して使用できます。

 

保湿成分やエイジングケア配合されており、髪のハリやコシ、ボリューム不足に悩んでいる方にもおすすめです

こちらのシャンプーには、33種類ものエイジングケア成分や保湿成分が配合されています。

また、美髪に欠かせない、海塩・褐藻由来ミネラル・ヘマチンといった成分も配合されています。

髪のハリコシ不足、ボリューム不足に悩んでいる産後のママにもおすすめの、美髪に導いてくれるシャンプーです。

このシャンプーを使うようになり、髪のボリュームが増えたとの口コミもありました。

 

気になった方は公式ホームページをご覧になってみてくださいね。

>haru公式サイトで詳細を見る

20代なのに産後の白髪が増えた!おすすめのシャンプーと対策法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

産後は身体の変化が出やすい時期なので、白髪や抜け毛が増えて悩んでいる20代のママも多いと思います。

髪の変化はかなりショックですが、産後の白髪や抜け毛は、時間の経過や生活習慣を整えることで改善する場合が多いそうです。

髪のトラブルを感じている20代のママは、生活習慣を整えてみたり、髪に優しいシャンプーに変えてみたりと、できることから対策してみてくださいね。